胃腸内異常発酵

悪臭便が活性酸素を作り出す

胃腸内異常発酵とは腸内菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉優位の腸内フローラの状態をいいます。
悪玉菌は、タンパク質を分解しニトロソアミン、インドール、スカトール、フェーノール、ヒスタミン、アンモニア、硫化水素などの腐敗物質をつくり悪臭便の原因となり病気を引き起こす大きな原因となります。
皆さんは腐った肉、腐った魚、腐った卵を「美味しい」と言って食べますか?
これらの腐敗したものから発生する有害物質(臭気)と、腸の中で発生している有害物質(臭気)の正体は同じものなのです。つまり、胃腸内異常発酵で悪臭便をしているということは、腐った肉、腐った魚、腐った卵を食べたことと同じ結果を腸の中で引き起こしているということになるのです。
ニトロソアミン、インドール、スカトール、フェーノール、ヒスタミン、アンモニア、硫化水素などの腐敗物質は発ガン物質などの有害物質であり、肝臓がこれら有害物質を浄化してくれている間はいいのですが、長い年月、年から年中有毒物質を発生させていれば、やがて肝臓もヘタッテ来ます。有害物質が体内を巡り始めると病気の原因となります。
そして、もっと恐ろしいのは、こうした有害物質が発生しますと、有害物質の害から私たちを護るために防御機構から活性酸素のミサイルが発射されますが、やがて過剰となってしまい、結果的に自分自身を攻撃してしまうというわけです。
この意味で「悪臭便」を慢性的に排泄している人は、結果的に「活性酸素」を慢性的につくりだしていることになり、やがては病気に追い込まれることになるのです。

電解還元水(活性水素水)は胃腸内異常発酵に有効

電解還元水が活性酸素を消去するということは、このホームページで散々述べてきましたので今更とやかくいうことではないと思います。従って、余剰になった活性酸素を還元水が消すから有効なのだということはおわかりだと思います。
ところで、活性酸素が発生する原因は腸内フローラが悪玉菌優勢になった為でしたね。皆さんは「ヤクルト」などの乳酸飲料を健康のために飲みませんか?あるいはオリゴ糖などビフィズス菌を元気にするものを摂り入れていませんか?
つまり、善玉菌を元気にすることが健康の元だからそうしたものを摂るのです。
善玉菌優勢の正常な腸内フローラであれば、有害物質が発生しないので「活性酸素」も発生することはないとお気づきになりましたか?
そうです。電解還元水は善玉菌を元気にしてくれる水なのです。身体を護るお巡りさんを元気にしてくれる水なのです。
電解還元水を毎日2リットルを目安に(人によって量の規定はできませんが・・・)のみ続けますとやがて便が黄色っぽくなり臭いが薄くなってきます。これが善玉菌優位の腸内フローラになった証です。
下図をごらん下さい。

(資料 光岡知足・東京大学名誉教授著「腸内細菌の話」(岩波書店)より)


従って、日常生活の中で健康や体質改善を求めるには、腸などに投げ縄(還元水の機能を利用すること)をかけながら腸内細菌を傷めない(有毒酵素の産出を抑制する)方法を取るしかないのです。