電解還元水

電解還元水(活性水素水)の話

電解還元水(活性水素水)は、われわれヒトが本来備えている自然治癒力が酸化作用(主として活性酸素が原因)によって失われつつある状態を還元力によって蘇らせる働きをします。病を治癒するのはわれわれヒトが本来備えている自然治癒力であって、電解還元水(活性水素水)は、そのお手伝いをしているだけです。

例えて言えば、私たちが安全に社会生活をおくれるのは治安が維持されているからであり、
治安を維持する警察力=お巡りさんが元気だからです。もし、ドロボーが現れても、お巡りさんが病気で寝込んでいたらドロボーを捕まえることは出来ません。ドロボーは我が物顔でのさばるでしょう。

われわれヒトの身体も同じです。病原菌と戦うお巡りさんが元気なら病に冒されることはないでしょう。しかし、お巡りさんが病気で寝込んでいたら、病原菌は我が物顔でわれわれヒトの身体の中を暴れ回るでしょう。

今、病に悩んでいる方や、中高年になって生活習慣病(成人病)の方、貴方の身体の中のお巡りさんが病んでいるのです。お巡りさんを元気にすることです。お巡りさんが元気になれば、お巡りさんが病と戦ってくれます。電解還元水(活性水素水)は、そのお手伝いをいたします。


では、身体を守るお巡りさんは誰なのでしょうか? お巡りさんの代表が私たちの腸の中に住む100種100兆個といわれる腸内細菌です。彼らは想像以上にわれわれヒトの健康に密接に関わっています。よい働きをする菌もいれば、悪影響をもたらす菌もいますが、善玉菌が優勢であれば健康状態を保てますが、悪玉菌が優勢になると便秘や下痢、さらには深刻な病気の原因となります。「老化は腸から始まる」ともいわれます。電解還元水(活性水素水)は貴方の腸の中の善玉菌を元気にします。

 

電解還元水が受け入れられない理由 NO.1

このホームページをご覧になって、電解還元水の素晴らしさをご理解頂けましたでしょうか。
ところが皆様の中には「」とお考えの方もおられると思います。
電解還元水整水器の普及率は7%だそうです。普及率が10%を越えると爆発的なブームになるそうです。ところが電解還元水整水器の普及率はなかなか10%に届きません。
その原因を考えて見ると以下の事が推察されます。

  1. メーカーや販売員が顧客に正しい電解還元水の利用法を説明していない。また、説明出来る知識を持ち合わせていない。
  2. メーカー販売員が顧客にハードのメンテナンスについて充分に説明していない。ハード上の対策も不十分である。(電極がプラスイオンによってメッキされるため電気分解が出来なくなる。電解還元水を利用しているつもりが、実はただの浄化された水を利用していることとなる。)

従って利用者から「電解還元水を利用しているけど、大した効果はない。」と言う声が聞かれるわけです。
そういう利用者の方に「一日2リットルの電解還元水を飲むとやがて(胃腸内異常発酵)が改善されて、便のいろが茶褐色から黄色っぽい色に変わり便の臭いも薄くなります。」と説明すると「初めて聞いた」という答えが返ってきます。

つまり、電解還元水整水器と電解還元水について、正確な情報が顧客に伝達されていないため、せっかく高価な投資をしても成果を得ていない方が多いというのが実態なのではないでしょうか。